スポンサーリンク

国内?海外?飛行機の子供料金は何歳から必要?

旅行

スポンサーリンク

飛行機の子供料金は何歳から必要?旅行先を選ぶ時のポイント

小さい子を連れての旅行、楽しみだけど大変ですよね。
私は実家が九州なので、帰省の際は、飛行機を使います。

国内一つとっても、ANAやJALといった一般航空会社と、ジェットスターなどのLCCでは料金が発生する(座席が必要になる)年齢が違います。

LCCは安いから利用しよう!なんて理由で子連れ旅行に使う飛行機を選んでしまっては、損する可能性大ですよ!
逆に高付いてしまう可能性だってあります。

まずは国内線の区分から見ていきましょう!

幼児と小児運賃の違い

子供料金は、国内線・国際線、どちらとも幼児・小児運賃があります。

同じ交通機関を取っても、新幹線とはまた年齢設定が違うので、こんがらがるところですよね。
さて、ここからは一般航空会社(ANAやJAL)とLCC(ジェットスターやピーチ)の年齢区分が変わってくるのでそれぞれ見ていくことにしましょう。

国内線の幼児・小児運賃の違い

一般航空会社(ANAやJAL)
保護者と一緒に搭乗する、つまり座席が発生しないので運賃が無料になるのが、2歳以下の「幼児」です。
※幼児でも座席を確保すれば小児料金がかかるという例外もあります。また、大人が同伴できる無料の幼児は一人までという設定も設けられています。
3歳から11歳は「小児」で、運賃は約半額です。

・幼児…生後8日から2歳まで
・小児…満3歳から11歳まで
・大人…満12歳以上


小児の料金設定については、基本的に大人料金の半額となっています。
ただし、ここにはちょっとした落とし穴というか、気をつけなければならないポイントがあります。
それは、大人の運賃より小児運賃のほうが高いことがあるということ。

飛行機の運賃には、航空会社ごとで、前もって予約するとお得になる早割や先得といった割引プランがありますよね。
子供料金は、なんとここには該当せずなのです。
子供料金だからといって、先得価格の半額になる訳ではないので注意が必要です。
あくまで子供料金は定価の大人料金の半額です。

大人の割引運賃とも比較して、大人の方が安かったら、大人の割引運賃を子供が使うことも可能となっておりますので、しっかり比較検討しましょうね!


LCC(ジェットスターやピーチ)
保護者と一緒に搭乗する、つまり座席が発生しないので運賃が無料になるのは、1歳以下の「幼児」です。
一般航空会社に比べて1歳も早いですね。
ここがポイントです。

・幼児…1歳まで(生後8日〜1歳)
・小児…
2歳から11歳まで
・大人…12歳以上


LCCには、小児料金の設定はなく、2歳以上は一律大人料金での搭乗となります。

ちなみにLCCの場合は、幼児でも完全無料ではありません
幼児の場合、膝に抱っこで乗る場合は幼児料金として、1500円だったり大人運賃の10%だったりがかかります。
また、大人1名につき同伴できる幼児は2名までなので、1名は座席を確保する必要があり、その場合は大人料金が発生します。

そしてLCCの場合、気をつけたいのが追加料金ですね。
子連れだと特に困るのが、座席の指定です。

親子が並びの席に座るためには、オプションとして、追加料金で席を指定しなければなりません。指定料金はクラスによって異なりますが1席400円~1000円前後。
家族の人数分で考えると、なかなかの追加された感が出ますが、指定しなければ、容赦なくバラバラになっちゃいます。
LCCは搭乗時間も荷物のキロ数も座席指定も何かにつけてシビアなのです。

国際線の幼児・小児運賃の違い

一般航空会社(ANAやJAL)

・幼児…生後8日から1歳まで
・小児…満2歳から11歳まで
・大人…満12歳以上


保護者と一緒に搭乗する、つまり座席が発生しないので運賃が無料になるのが、1歳以下の「幼児」です。
※幼児でも座席を確保すれば小児料金がかかるという例外もあります。また、大人が同伴できる無料の幼児は一人までという設定も設けられています。

国内線と国際線では、幼児と小児の年齢が1歳違うことに注意が必要です。

幼児をひざに乗せる場合は、大人運賃の10%がかかり、座席を使用する場合の運賃は、幼児も小児も大人の75%の金額になります

幼児でも何%かの支払いが必要になってきますね。

小児運賃に関しては、大人の約75%かかります。
我が家は2歳の娘がいるので3歳までは海外旅行はやめておこうかな〜と思いました。
その理由は、別記で書こうと思います。(独り言ブログになります)



LCC(ジェットスターやピーチ)

Peachの幼児料金(2歳未満)の場合のみ、座席を使わなければ無料のようです。
それ以外のLCCに関しては、片道あたり1,500〜4,000円必要になります。
座席を使う場合は、幼児でも大人と同額必要になってきます。
LCCの座席は狭めなので座席が必要になるかもしれないですね。親の負担凄そうです。


・幼児…1歳まで(生後8日〜1歳)
・小児…
2歳から11歳まで
・大人…12歳以上

国内線と同様に、LCCには、小児料金の設定はなく、2歳以上は一律大人料金での搭乗となります。

まとめ

国際線は、国内線に比べて子ども運賃が割高になりますね。
さらに、国内線と同じく、国際線でも一般航空会社とLCCでは条件が異なります。

またLCCは座席もやや狭い作りなので、子どもを抱っこするとほぼ身動きが取れるスペースがなくなりそうですね。

私的な見解ですが、料金と座席利用の利便性などを考えると、意外と大手の方が費用対効果が良かったりします。
他にも、ANAやJALなど大手各社だと

・子供におもちゃをくれる
・絵本を貸してくれる
・ミルク用にお湯を利用できる(哺乳瓶を預けると作ってくれる)
・おむつ替えシートがある

・バウンサー(簡易ベッド)の貸し出しがある(要予約)
・機内食が出るケースでは離乳食、キッズ食の準備
がある

中々、子連れに助かるサービスで溢れてますよね。

今回は飛行機に乗る際の費用についてまとめてみました。
ご参考にして頂けると幸いです。

※価格に関しては変更されることもあります。
利用する航空会社が決まりましたら、最終的な予約の際に今一度、料金についてはご確認くださいね。

それでは良い旅を!
Have a good trip!

コメント

タイトルとURLをコピーしました