スポンサーリンク

七五三はいつやるの?日にち・年齢・1日の流れ・場所を徹底解剖

子育て

七五三っていつやるの?
名前の通り3歳、5歳、7歳って三回するものなの?
数え年と満年齢って耳にするけどどう違う?
子供の頃、神社にお参りに行って千歳飴をもらった記憶があるけど?

男の子と女の子で参拝する年齢も違うの?

今回は七五三についてまとめてみました。
今年、数え年・満年齢で3歳の子を持つお父さん、お母さんは是非参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

七五三の年齢

七五三

七五三とは、子どもの成長を祝う日本の伝統的な行事の一つで、もともとは関東地方だけのお祝いの風習だったとされています。
地域によって違いはありますが、それぞれ数え年で男の子は3歳と5歳女の子は3歳と7歳でお祝いをします。
無事に子どもが育っていることを神に感謝するとともに、成人までの通過儀礼として、3歳・5歳・7歳にお祝いの儀式をしたのが始まりと言われています。

さて、そんな七五三の年齢について。
世間では、数え歳、満年齢という2つの言葉を耳にします。

数え年では…
女の子・数え年3歳(満2歳の年)
男の子・数え年5歳(満4歳の年)
女の子・数え年7歳(満6歳の年)

満年齢では…
女の子・満3歳になる年
男の子・満5歳になる年
女の子・満7歳になる年

元々、本来の七五三は「数え年」でお祝いをしていました。
以前は生まれた年を1歳として元日に年齢を増やす「数え年」で年齢を数えていたからです。

現在は「数え年」に全く馴染みがないため、生まれた年を0歳として、以降は誕生日に年齢を増やす「満年齢」が当たり前になっており、満年齢でのお祝いをする家庭が多いとされています。

七五三の日にちって?

七五三は基本的に11月15日にお祝いする行事です。

江戸時代の五代将軍綱吉の子「徳松」の健康を願った日が由来とも言われています。

しかし、最近では両親共働きの家庭も多いので、11月15日前後の土日・祝日にお参りやご祈祷をするのが一般的になりつつあります。
あまりこだわらずに、10月~11月くらいで、家族がそろってお祝いできる日にするという傾向があるからです。

よって、10月・11月の六曜の大安が土日祝日と重なる日は、混みやすい傾向にあります。

一日の流れ

着付け・ヘアメイク
まずは子供の着付け・ヘアメイク・フェイスメイクです。
着物の場合は身につけるものが沢山あります。
ヘアメイクも個人でやるのは至難の技。
美容室などを利用して時短に努めましょう。(特に3歳女の子は大変でしょう)

神社に参拝
近くや有名な神社の本殿で七五三の祈祷を受けます。
事前予約で、社殿にてお祓いと祝詞をあげてもらうこともできます。
予約なしで、当日受付の神社もありますが、この場合は時期をみての参拝がおすすめです。
(特に有名な神社やお寺では、一般的な七五三の日とされている日に予約なしで参拝に行くと、駐車場含め、大混雑が予想されますので早め早めの行動が大事になってくるかと思います。)

記念写真撮影
神社でのお参りの後に、写真館やスタジオで衣装の撮影をします。
最近では、撮影は別日にする家庭が増えていますよね。
正直、当日にあれもこれもとしてしまうと、お子さんの疲労は大きなものとなり、最悪機嫌が悪すぎて撮影中断なんて事態にもなりかねません。
写真スタジオでは前撮りすることで、当日の着付けも無料でしてくれるところが多いですね。

お祝いの席
料亭などでお祝いの会食を行う家庭が多いようです。
近隣に祖父母や親しい親族などがいる家庭では、皆さんを招いてお祝いしているようです。
子供用の特別メニューを用意してくれるお店も多いですね。

七五三詣と初穂料

紅葉

七五三のお祝いで、神社にご祈祷してもらう時に納める初穂料の相場は、全国的に5,000円~10,000円となっていて、5,000円という神社がほとんどです。

ちなみに、七五三で神社を参拝する際に「祈祷」は必須ではありません。

気持ちの問題なので、祈祷してもらうかどうかは家族で話し合って決めたら良いかと思います。
ただし「初穂料」を支払って祈祷してもらうと、千歳飴やお札などの記念品がもらえます。

神社にとって七五三は一大イベントであるため、各神社が競うように様々な記念品を用意しています。
私の小さい頃の記憶は、まさに千歳飴なので、やっぱり人生で2回の事ですし、祈祷をして貰うご家庭は多いかもしれませんね。

東京で有名な七五三詣
冒頭でお伝えした通り、もともと関東地方のお祝いとされていた七五三。
そのため東京には、七五三とのゆかりが深い神社が多く、中でも日枝神社(赤坂山王社)や神田明神は、江戸の町人が多く参拝していたといわれています。

日枝神社は徳川家との結びつきが強く、安産や子育ての神社として古くから知られており、神田明神は千歳飴の発祥の地と言われています。

そこで値段と時間をHPから調べてみました。

日枝神社:受付時間午前9時~午後4時半(常時) ※予約の必要はございません
     ご祈願料1万円から申受けます
神田明神:受付時間:午前9時〜午後4時
参拝初穂料:1万円から
・七五三に欠かせない千歳飴は、神田明神の社頭で売られていた「祝い飴」からきているとも言われる。

日枝神社・神田明神HP

参拝方法

神社の鳥居をくぐる前は身なりを整えてから入りましょう。

鳥居をくぐるときは、一礼をしてから境内に入ります。

参道を歩く時は、真ん中を避けて右か左かのどちらかに寄ってゆっくりと歩くようにしましょう。

おにこ
おにこ

道の左側を歩くときには左足から、右側を歩くときには右足から参道に入ります

オット
オット

大声で騒いで入ったりしないように

参道をすすんだら手水舎と呼ばれる場所で手水をとって、心身を清めます。

手水をとったら、ご神前に進みます。

軽くおじぎをして、鈴を鳴らします。


その後、賽銭箱に賽銭をいれて二礼二拍手一礼の作法で参拝します。

七五三の参拝の時は、お母さんが着物を着ていく家庭も多いようですが、必ず着物で行く必要はありません。

着物以外でもスーツにネクタイ、ジャケットとスカート、または落ち着いたワンピースでの参拝などでも大丈夫です。

おにこ
おにこ

昔、厄除けに行く時にジーンズで行こうとしたら母に着替えさせられたことがあります

オット
オット

神聖な場所での祈祷だからかな

まとめ

七五三のお祝い、子供のすくすく成長する姿は嬉しいものですし、お祝いごとは一緒に喜びたいですね。
数え歳、満年齢の違いや、参拝の仕方、日にち、前もった記念撮影等することは様々ありますが、事前にしっかり計画を立てて楽しい1日になりますように願っています。


 

コメント

タイトルとURLをコピーしました