スポンサーリンク

【まとめ】妊娠中に食べないほうがいいもの・控えたほうがいいもの

食べない食材 子育て

妊娠中に食べていいもの・積極的に摂った方がいいものって何があるのか悩みますよね。

逆に食べないほうがいいものや、控えたほうがいいものも、とても大事になってきます。

私は、うなぎやマグロは摂らないほうがよくて、刺身は食べないほうがいいなど、あれこれ悩みました。

妊娠中に、食べないほうがいいもの・控えたほうがいいものをまとめてみたので、チェックしてみてくださいね。

【あわせて読みたい関連記事】

【まとめ】妊娠中に食べて良いもの・摂った方がいいもの
妊娠中に食べていいもの・積極的に摂った方がいいものって何があるのか悩みますよね。 調べてみると、これは食べても良いの?と思う食材があったりもします。 妊婦さんが妊娠中に食べていいもの・摂取した方がいいものをまとめてみたのでチェックしてみてください

 

スポンサーリンク

食べない方がいい・控えた方がいいもの

魚介類・刺身

fish

妊娠中期以降はメチル水銀を比較的多く含むマグロやキンメダイ、マカジキ・メカジキなど大型魚や深海魚を控えて、水銀が少なくDHAを豊富に含むサバやイワシなど小魚中心の摂取が望ましいとされています。

私は、妊娠中、マグロはよくないと思っていたので、一切口にしませんでしたが、マグロの刺身であれば1人前を週2回であれば心配ないともいわれています。
感染のことを考えると、食べるのであれば新鮮なものが基本です。

シメサバやスモークサーモンなど 炙り寿司のような一部だけ加熱している食べ物は、食中毒の原因 になる可能性があるので刺身同様、摂取しないほうがいいかもしれません。

また、仮に胎児への影響があるとしても、将来の社会生活に支障があるような重篤なものではないとされています。

おにこ
おにこ

それでも刺身自体控えたいですよね

※魚介類からの水銀摂取が胎児に影響を与える可能性を懸念する報告が出て、厚生労働省からも「妊婦への魚介類の摂食と水銀に関する注意」が出されていますが、魚介類には赤ちゃんにも必要な、DHAなどの必須脂肪酸が豊富に含まれているので、魚介類を摂ることは必要です。

 

 

生肉

meat

生肉は、トキソプラズマが心配されます。

妊娠中に人畜共通感染性の原虫であるトキソプラズマに初めて感染すると、胎盤を経由して胎児も感染してしまいます。

先天性トキソプラズマ症といって、水頭症や脈絡網膜炎という目の病気を起こすこともあります。

生肉だけでなく、加熱が不十分な豚・羊・牛・鳥、レバーなどにはトキソプラズマの嚢子がひそんでいる可能性もあるので、妊娠中は肉類を十分に加熱しないで食べることはおすすめしません。

料理中に、生肉にふれたあともしっかり手は洗うようにしたほうが安心です。

トキソプラズマは全ての哺乳類と鳥類に感染する可能性がある寄生虫で、ネコの尿や糞や、生肉から感染するといわれています。

おにこ
おにこ

トキソプラズマは67℃以上の熱で死滅します

オット
オット

お肉を食べるときはしっかり加熱!

注意:ブロッコリースプラウト、ラディッシュスプラウトなど 海外でスプラウトによるサルモネラ菌やO157の感染例があるようです。

おにこ
おにこ

野菜もできる限り加熱を心がけましょう

生卵

egg

生卵・卵の殻には、サルモネラ菌が付着していることがあり、母体にも危険を及ぼす可能性があるため、生卵は控えたほうがいいでしょう。

サルモネラ菌は75℃で1分以上加熱すると死滅するので、卵は加熱調理をすれば安心です。

おにこ
おにこ

摂りたい食材にもある様に、卵はしっかり加熱したら妊婦に良い食べ物

 

チーズ

cheese

加熱殺菌されていないチーズは、リステリア食中毒の原因になることもあります。

リステリア菌は、塩分に強く、冷蔵庫内でも増殖する可能性があるので、非加熱のカマンベールやブルーチーズなどの乳製品は避けたほうが安心です。

他にも生ハムやスモークサーモンなど食肉・魚介の加工品もリステリア菌の汚染が心配されるので妊娠中は控える様にしましょう。

 

ビタミンAやヒ素

eel

え?ヒ素って食品に含まれてるの?と思う方も多いのではないでしょうか。

私は、ひじきは妊娠中控えたほうがいいというのは知っていたのですが、どうしてかまでは調べていませんでした。

ひじきには微量ですがヒ素が含まれているので、妊娠中以外でも食卓に出す場合は、しっかり洗ってから調理することが推奨されています。

他にも、うなぎやレバーに含まれるビタミンA、わかめやひじきに含まれるヨウ素、納豆や豆腐に含まれる大豆イソフラボンを極端に多く取り入れるのは、避けましょう。

おにこ
おにこ

え?納豆は摂取していい食材にも入ってたよね・・

オット
オット

「極端に」ってことです

 

カフェイン

coffee

コーヒー・紅茶・お茶は赤ちゃんによくないとも言われ、妊娠後にはコーヒーを一切飲まないようにしている妊婦さんもいると思います。

カフェインは、過剰摂取をしなければ、直接胎児の発育や、流早産など妊娠に影響する可能性は少ないとされています。

妊娠中でも1日に1~2杯くらいまでなら大丈夫といわれています。

コーヒーが好きで飲めないことがストレスになるようなら1日1杯程度飲むことは大丈夫とされていますが、デカフェに切り替える人も多いようです。

また、カフェインはお茶にも含まれているので、どうしても気になる人は麦茶などが良いですよ。

おにこ
おにこ

私は胃が荒れやすいのでデカフェで満足していました

アルコール

アルコールは胎盤を通して赤ちゃんへ送られ、胎児性アルコール症候群(FAS)という先天性疾患を発症してしまいます。

栄養ドリンク(滋養強壮剤)

必ず製品の成分を確認しましょう。

カフェインやアルコールが入っているものは、妊娠中は控えたほうがいいでしょう。

おにこ
おにこ

エナジードリンクも同様です

オット
オット

カフェイン多めだしね

まとめ

控えた方がいい食材は、直接赤ちゃんに影響するものが多くて心配になるものばかりでしたね。

それでも、基本食材には火を通して、加工されていないものは避ける、ヒ素やビタミンAの積極的な摂取は避ける、脂質・食塩の取りすぎに気をつける様にしたら、さほど難しいことではない様に思います。

飲み物に関しては、アルコールを始め飲まないことを前提にしましょう。

【あわせて読みたい関連記事】

【まとめ】妊娠中に食べて良いもの・摂った方がいいもの
妊娠中に食べていいもの・積極的に摂った方がいいものって何があるのか悩みますよね。 調べてみると、これは食べても良いの?と思う食材があったりもします。 妊婦さんが妊娠中に食べていいもの・摂取した方がいいものをまとめてみたのでチェックしてみてください

 

妊活・妊娠中に摂りたい葉酸サプリはいつまで?人気の葉酸まとめ
妊娠前から出産後も摂取を推奨されている葉酸。妊娠中は、どんな葉酸を選ぶか悩みますよね。 私は妊娠中期を過ぎるまで成分が十分といえない葉酸を飲んでしまっていました。 種類の豊富な葉酸、飲みやすさや成分などきっと自分にあったものが見つかりますよ。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました