スポンサーリンク

年齢を隠せない首のシワには枕が効果的?快眠の為に大切な事

枕 知っ得

今使っている枕に愛着はありますか?

我が家には2つあって、1個は8年ほど使っていて2個目は満1年目です。

枕を買うときにこだわったのが、首のシワが刻まれないものを選びたい!でした。

20代半ばからの利用ではありますが、意識している分、首のシワは今の所目立ってないと思います。

今回は、枕選びのポイントと今愛用している枕についてもお話します。

スポンサーリンク

理想の枕とは

1日の疲れをしっかりとるのに大切な睡眠。

人生の約3分の1は睡眠時間だと言われるほどなので、寝る時の姿勢によっては、しわが深く刻まれてしまうことになりかねません。

年齢がわかるといわれる首のしわは、たとえ顔にしわがなくても老けた印象を与えてしまいますので、しっかりとした対策が必要なんですね。

1日の睡眠時間は7時間前後が推奨されていますが、7時間もの間、首にしわができたままの状態でいると肌に記憶されて深いしわになってしまいます。

枕の高さ

好みは人それぞれですが、美容のためだけではなく、高すぎても低すぎてもよくありません。

高すぎる枕→顎が引けた姿勢になり、首元にシワが寄ります。

また、気道が狭くなって呼吸がしにくくなるので、仰向けで寝るよりも、顔にシワが寄りやすい横向きで寝るほうが楽になってきます。

低すぎる枕→顎が上がって、口が開いた状態になりやすくなります。

そうすると口呼吸になってしまうので、口臭が悪化したり顔がたるみやすくなったり、口周りから乾燥して肌荒れが起きる原因にもなります。

おにこ
おにこ

口呼吸は呼吸が浅くなりがちなので、血流や代謝も悪くなりがち

理想の枕の高さ→立ち姿勢が仰向けになった状態でもキープできる高さ。
真っすぐ立っているときの姿勢のまま横になっている状態

軽く顎を引いた、自然な姿勢が取れるのが寝る際の理想のスタイルで3〜4cmくらいの高さが良いとされています。

目安としては、仰向けで寝た時に、足元の天井が見えるくらいです。

 

枕の硬さ

枕の硬さは素材で決まることご存知でしょうか。

硬い枕→パイプ・そば殻・ヒノキなど
柔らかい枕→ポリエステル・羽根など

硬さや柔らかさの感覚は、人によって違うので、硬い素材を柔らかく感じる人や柔らかい素材を硬く感じる人もいます。

硬い枕のメリット・デメリット

人は寝ている間に1時間当たり4~5回ほど寝返りをすると言われています。

1日7時間睡眠だと、35回ほど寝返りをうつわけですね。

メリットとしては、硬い枕だと寝返りがスムーズなので肩こりの原因の解消となります。

デメリットとしては、硬い枕は頭痛や圧迫感の原因となることです。

枕が硬いと高さの調整がしにくいので実際に使ってみると”合わなかったかも”と感じることもあります。

柔らかい枕のメリット・デメリット

1番は触り心地のよさです。

羽毛やポリエステル綿の枕の、ふわふわとした感触が好きでやわい枕を選ぶ人が多いようです。

適度に頭が沈む枕は、頭の重さを吸収してくれるので、首や肩への負担が少なくなります。
逆に、沈みすぎる場合は頭の動きまでも制限してしまうので、寝返りがうちづらくなるので、体が長く同じ姿勢を続けることになるので注意が必要です。

高さの調整がしやすいのはメリットといえます。

sealyソロテックスピロー

私のお勧めの枕はこちらです。

 

特徴

・枕全体に圧力が分散しやすく、けいついへの集中負担を頭部全体に分散させる。

おにこ
おにこ

長時間寝ていてもきつくない

・優れた形態回復性と耐久性
繊維自体が持つ復元力の耐久性が、枕のへたりにくさを実現しています。

通気性と洗い方

通気性が良いので、熱がこもりにくく、爽やかで快適な睡眠がとれる。

手洗いで洗えます。

私は結構な頻度で洗濯機で洗っています。

お店の人に聞いたのですが、洗濯機で洗いたい場合はネットに入れてドライモードで洗ってくださいとのこと。

私はネットに入れてお急ぎモード(20分弱)で洗って、天日干しや乾燥機で乾かしています。

おにこ
おにこ

お店の人は乾燥機で乾かすのを推奨していました

ハンガーに吊り下げて干していますが、乾く過程では中の綿が下に集中するのですが、乾いた後に上下に振るとびっくりするくらい中で分散してくれます。

そして寝る時にはまたふかふかの状態になってくれているので、ためらうことなく丸洗いできます。

素材・サイズ

側地 : カガミ部 綿100% / マチ部 ポリエステル100% 詰物 : ポリエステル100%

  • ソロテックスピロー40 幅60 x 長さ42 x 使用時の高さ4cm
  • ソロテックスピロー60 幅60 x 長さ42 x 使用時の高さ6cm

 

アダプティブピロー

8年ほど愛用しているオットの枕は大塚家具のアダプティブピローという枕です。

枕

https://www.idc-otsuka.jp/item/item2.php?id=pillow7336

この枕もとてもよくて7年間はずっと私が使っていました。

オット
オット

おにこの分も買おうか?と聞いた時、いらないって言ってたよね

おにこ
おにこ

使ってみてよかったら横取りしようと思って

我が家にあるのは、写真の1個前のモデルと思いますが、中がウレタンなのも一緒でした。

お値段が15,000円ほどと、あまり可愛くないので、使ってみてよかったらオットのを横取りしようと目論んでおりました。

オット
オット

オニーーー!!

2つ買うのは高いなと思って1個しか買いませんでしたが、8年経つ今も全くヘタレていませんし、首のシワもできていません。

寝心地も良いのでずっと愛用していく予定でした。

特徴

首の高さが抜群にフィットします。シーリーのものよりウレタン素材なのでしっかりしていますが、固さがないので寝返りもうちやすいです。

カバーを取り外して洗濯できる分、簡単に手入れができて便利です。

素材

素材がウレタンなので水につけてしまうと、中に入ってしまった水がいつまでも乾かず不衛生になってしまうので丸洗いには適しません。

おにこ
おにこ

1度、中も洗ってしまってジトジトになりました・・・

まとめ

1番初めに枕選びをしようと思ったきっかけは、首のシワ防止のためでした。

選ぶ際に、高さがあって硬いものは避けました。(実家の枕がいつからか、低反発なのに硬いというよく分からないものに変わっていて凄く寝づらかった)

低反発でもなく、柔らかめの低い枕を探してたどり着いたのが、シーリーのソロテックスピロー40でした。

最近では娘がシーリー枕の良さに気づき、「半分こしよう」と枕に半分顔を乗せてきます。

 

睡眠に大切な枕選び、首のシワもできにくいお気に入りの枕で、ぜひ快適な睡眠をしてくださいね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました