スポンサーリンク

風邪を引いたら内科に行かないで耳鼻科へ行くようになった理由

知っ得
耳

こんにちは。
皆さんはよく風邪は引きますか。

昔は体が丈夫が取り柄だった私ですが、子供を産んでからですかね、免疫落ちまくりの風邪ひきまくる体質に変わりました。

昔は滅多に引かなかった風邪。
病院へ行く機会も少なかったので、「風邪を引いたらまず内科」と思っていましたが、風邪をよく引くようになってから「風邪を引いたらまず耳鼻科」に考えが変わってきました。

今日はそんなお話です。

スポンサーリンク

なぜ耳鼻科が良いのか

薬の絵

風邪が引き起こす合併症がこわい

「たかが、風邪」と思って、甘くみてはいませんか。
昔の私なら間違いなく「yes」でしたが、風邪の症状が強くでている場合には、速やかに耳鼻科で適切な処置を行った方が良いのです。症状が悪化すると、合併症を引き起こす可能性もあるからです。
耳鼻科じゃなくて内科でも良いでしょ。と思っていましたが、耳鼻科じゃないと気づかないケースがあったのです。

副鼻腔炎

産後から、私のなりやすい病気no.1は副鼻腔炎です。
飛行機乗っただけでもなりましたし、体調を崩すと合併してこちらにはほとんどの確率でかかりました。
副鼻腔炎とは、副鼻腔に炎症がおきる病気で、慢性の副鼻腔炎のことを蓄膿症と言います。
症状が4週未満の場合は急性副鼻腔炎・12週以上続く場合は慢性副鼻腔炎と種類も豊富です。
大部分はウイルス感染症です。
症状が10日以上続いたり、悪化していく場合は細菌感染症も疑われます。
風邪などにより副鼻腔に炎症がおこり、炎症により発生した膿が自然孔より排泄されず溜まることにより慢性化します。
副鼻腔炎の症状は、とてもきついです。
頭重感・頭痛・鼻汁・鼻づまり・副鼻腔付近の鈍痛・咳・熱。

私が副鼻腔炎と初めて出会ったのは、出産後、里帰りを終えて帰省する飛行機が着陸体勢になった時でした。
慢性的な寝不足と疲れから、高度が下がった気圧の変化に耳が耐えられなくなったのです。
不思議なことに耳の痛みだけではなく、顎が外れそうな痛みもありました。
耳抜きもうまくできなくて、破裂するのではと大袈裟ながら本当にそう思いました。
着陸後も涙の出る痛みは治まらず、次の日の病院が始まる時間まで地獄は続きました。
耳鼻科に行って適切な処置をされて薬を服用したら、あっという間に治ったのをよく覚えています。

中耳炎

耳の鼓膜より奥にある「中耳」と呼ばれる部分に炎症が起こる病気です。
細菌やウイルスが原因で起こる中耳炎は「急性中耳炎」と言われています。
耳と鼻をつなぐ管を通して、鼻から細菌やウイルスが進入して、膿がたまり、激しく痛みます。
その他の症状は、聞こえづらさや発熱などがあり、進行すると、膿が外へ流れ出る「耳だれ」が起こる場合もあります。

はい、こちらは私、小学6年生の時に出会ってます。
この時はインフルエンザでもない夏場の風邪で数日間40度の高熱が続きました。
原因がわからないままで通院の日々を繰り返し、ある日中耳炎も発症しました。
緊急入院で何週間か入院した苦い思い出があります。
入院後は熱を下げるのが先で、熱の引いた数日後に耳鼻科にて膿を取る処置がされました。
これもとても痛かったのを覚えてます。
生きてく中で2度と味わいたくない痛みです。

扁桃腺炎

細菌の感染が原因で、扁桃に炎症が起こる病気。扁桃が腫れ、膿が付着し、38℃以降の高熱、食事が摂れないほどの強い痛みに襲われます。
こちら未経験ですが、周りには扁桃腺が弱くて風邪をひくと直ぐに腫れ上がってしまう友達が結構いた気がします。
手術した友達もいました。
扁桃腺が腫れるのが先と言うよりは、やっぱり風邪引きが始まりというケースが多いようです。

まとめ

医者

風邪を引いたら内科は、私の中ではもう昔の感覚です。

少しでも早くよくなりたいと思ったら、内科で出される薬より耳鼻科で出される薬の方が、患部に直接届けてくれる気がしてしまうからです。
もちろん、インフルエンザかも。や、風邪の症状が吐き気や高熱という場合は、内科に行きます。

それでもほんの少しでも耳鼻科要素が体調不良の中に含まれてたら迷わず耳鼻科です。
喉の痛みから咳に変わり、気管支炎に繋がったら厄介です。この場合も迷わず耳鼻科です。

あと、個人的な意見ですが、内診が嫌なんです。
大人になってからは下着の上から服もめくらずに聴診器使ってくれますが、それでも男性医師に診察されるのが何か嫌で。。(自意識過剰とは言わないで〜)
本当に辛かったらそんな事言ってられないですけどね、何か、、、嫌なのです。

薬も抗生物質でない限り、内科は弱い薬をまず処方しませんか?
多少強くても良いので、効き目があるのをお願いしたいと思ったら迷わず耳鼻科かな。と思います。

それではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました