スポンサーリンク

産休や育休の条件は?パートや契約社員でも貰えるお金をチェック!

産休と育休 子育て

産休に育休は働く女性にとって大事な話です。

正社員で働いている人や、勤続年数が長い人は心配せずとも会社が積極的に手続きをしてくれます。

では、契約社員やパートの人は産休・育休は取れるのでしょうか。

また、働いていないと貰えない出産手当金は知っていますか。

働いていると、貰えるお金についてもまとめました。

結論から言うと、産休は貰えます。

正規社員・パート・派遣・アルバイトなど、雇用形態関係なく取得する権利があります。

正社員以外で働いている場合、産休の知識がない上司もいます。

「産休は出ない」という言葉を信じないでください。

産休に関しては期間も関係ないので、入社直後だからと諦めないでくださいね。

申請をきちんとしたら産休は取れます。

育休は、雇用形態など条件が入ってきます。

条件によっては、正社員以外でも取ることができます。

妊娠時、契約社員だった私が解りづらいと思った制度。

解りやすく解説してみます!

妊娠した方、確認してみてください。

スポンサーリンク

産休の条件

産休と育休

産休は、正規社員・パート・派遣・アルバイトどんな人でも貰えます。

産休についてもう少し説明しますね。

産休って何?

産休は、出産予定日の6週間前と産後8週間まで取ることのできるお休みのことです。

雇用形態が関係ないので、誰でも取得することができます。

産前のお休みは、本人の意思で取る取らないは選べます。

とは、言っても産休は産前・産後がセットと考える方が望ましいです。

臨月に入る頃のお腹は、お風呂に入るのもやっとでしたし、足元は見えません。

きつい体にムチを打ってまで働く必要はないと思います。

おにこ
おにこ

わたしは大喜びで産休に突入しました

一方で、産後休業は本人の意思にかかわらず働けません。

出産後8週間は、法律で働くことを禁止しています。

ただどうしてもという方は、産後6週間を過ぎたあと体の経過が良ければ復帰はできます。

医師の診断書が必要になるので、病院に相談しましょう。

とはいえ、生まれたばかりの体は、慣れない育児や寝不足からフラフラのはずです。

また、赤ちゃんの預け先もできない場合が多いと思うので、現実的ではありません。

産休中のお金問題

では、産休中はお金は貰えるのでしょうか。

休みたいけどお金が出ないなら、社会復帰を早くしたいと考える人も多くいます。

結論から言うと、条件はありますが貰えます。

「出産手当金」というものです。

でもそのお金は、会社の給料ではありません。

(会社によっては、給料を支給してくれるところも稀にあります)

産休中のお金は、基本的に会社から出るわけではありません。

出産後も仕事を続ける場合(予定含め)、産休中のお金は健康保険から支給されます。

出産手当金

産休と育休

金額は、収入によって違いますが、月給20万の場合、大体43万ほど受け取れます。

勤め先の保険(社会保険)に加入していたら、雇用形態関係なく対象になります。

出産後に退職する人でも貰える可能性があるので、しっかり確認しましょう。

ちなみに私は退職したけど、対象内でした。

会社で保険に1年以上の加入をしていたので、退職後も受給することができました。

支給開始の日より前に、継続して12ヶ月の保険支払いが条件になります。

なので極端な話、入社後すぐに妊娠すると、産休は取得できるけど出産手当金はもらえません。

産休は誰でも取得する権利がありますが、産休中のお金は会社から出ません。

12ヶ月継続して会社の社会保険に加入することで、産休中をカバーする金額(出産手当金)がもらえます。

妊娠から出産までは、トツキトオカです。

入社後すぐの妊娠の場合、産休に入るまでの期間が12ヶ月に満たないのです。

なので、出産手当金の条件には入らないのです。

支給金額の計算方法

  • 支給開始日以前の継続した12ヵ月間の標準日額×2/3×産休取得日数

出産手当金の手続き

産休と育休

手続きは本人か会社が行います。

休業中に申請書を記入するので、人事の方から貰っておきましょう。

自分で健康保険のサイトからダウンロードも出来ますが、やり方は聞いた方がベターです。

申請期限は産休開始の日から2年です。

長いようで、産後はあっという間なので早めの申請をしましょう。

出産手当金の申請は、全期間をまとめても出来るし、産前・産後に分けることもできます。

分けての申請を希望の場合は、申請書が2枚必要になるので注意です。

産休終了後にすぐに手続きをした場合は、出産から3ヵ月程経つ頃が支給日となります。

保険料免除制度

産休中には、嬉しい制度がもう一つあります。

産前産後休業保険料免除制度というものです。

産前産後の開始月から、終了の月の前月までの期間の保険料を免除してくれます。

健康保険・厚生年金保険の保険料が免除されるのは大きいです!

まずは勤め先の会社に確認してみてください。

基本的には、会社の方で手続きしてくれます。

産前産後休業をしている間にする必要があるので注意してくださいね。

休業期間中における給与は、有給でも無給でも問題ありません。

免除中も被保険者と成っているので、将来の、年金額を計算には響きません。

おにこ
おにこ

保険料を納めた期間として扱われます

オット
オット

3ヶ月分ほど免除になるね

 

育休の条件

産休と育休

私は、契約社員で勤めていたので、育休は取得できませんでした。

産休は、働く女性全員が対象でしたが(出産手当金含まない)育休は条件が付いてきます。

出産直後の産休から続けて育児休業は取得になります。

対象は、1歳未満の子どもを持つ社員です。

社員というところがポイントです。

育休を取得して、継続して働きたい人はたくさんいると思います。

でもここで、条件が入ってくるのです。

  • 日雇い労働者
  • 雇用期間が決まっている
  • 継続して雇用された期間が1年未満の場合
  • 休業終了後、引き続きの雇用の見込みがない

育児休業給付金

雇用保険に加入している人で、子どもを養育するための育児休業を取得した人が貰える給付金です。

おにこ
おにこ

月給の3分の2相当のお金がもらえる素敵な制度

貰える人には条件があります。

 

  • 雇用保険に加入している
  • 育休終了後に職場復帰する予定
  • 育休前の2年間で、11日以上働いた日が12か月以上ある
  • 育休中の勤務日数が1カ月で10日以下
  • 育休中、休業前の月給の8割以上の賃金が支払われていない
  • 1歳未満の子供を育てるために育休を取っている

条件を満たせば、契約社員やパートの方でも育児休業給付金は貰えます。

  1. 同じ会社に1年以上働いている
  2. 子どもが1歳になる頃に契約が続いている・更新の予定がある
  3. 短期派遣などで、1年後には契約が満了することが明らかじゃない場合
  4. 週の労働日数が2日以上

正規社員以外でも、上の4つがクリアされていれば育休が取れます。

わたしは契約社員でしたが、育休は撮れませんでした。

役所との連携の仕事だったため、その業務が終了すれば仕事も終了という前提でした。

なのでわたしの場合は残念ながら、更新の予定が不確かだったので無理でした。

おにこ
おにこ

派遣・契約社員の人の育休が難しい理由がここ

でも、育休は決して正社員だけの特権ではありません。

勤め先に聞いてみてくださいね。

 

育休の支給額

育休は、会社から出るわけではありません。

雇用保険と連携しているので、ハローワークが絡んできます。

 

1カ月当たりの支給額の計算方法
【育児休業開始時賃金日額】×【支給日数】×0.67(6か月経過後は0.5)

勤め先がハローワークに申請してくれます。

必要な書類等を求められたら早めに提出しましょう!

 

保険料免除制度

産休と育休

育休中も、社会保険料は免除されます。

産休と育休の両方を取得する場合は、それぞれ申請が必要となります。

産休も育休も、申請は勤め先がしてくれます。

申請先は年金事務所です。

 

産休や育休の条件

条件があったりなかったり、支給先が違ったりとややこしい産休・育休制度。

勤め先が主体になって手続きしてくれますが、必要な書類等揃える場面も出てきます。

  • 産休は誰でもとる権利がある
  • 出産手当金は1年間の社保を支払っていると貰える
  • 育休取得には条件がある
  • 育児休業給付金の受給にも条件がある
  • 正社員でなくても育休は取れる

わたしも取りたかった育休と給付金。

契約・派遣社員が、もっと受け取りやすい制度になることを期待しています。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました