スポンサーリンク

未就学児の習い事。皆はどうしてる? 人気の習い事に学ぶ

子育て

皆さんは、小さい頃習い事ってしていましたか?
私は、幼稚園の頃に体操教室に通っていました。
小学生低学年で、書き方(硬筆)を習って、中学年からは水泳を習っていました。

娘も2歳になり、周りでも色んな習い事をさせてるママ達続出で、何か習わせた方が良いのか検討してみました。
周りのママ友や、SNS巡回してみたところ、人気の習い事には、通わせるお母さん達の意味がこもっていましたので、紹介しますね。

習い事の参考になればと思います。

スポンサーリンク

そもそも何歳から習い事を始めた?

びっくりしたのは0歳の赤ちゃんから、リトミック、スイミング、英会話などで、習い事を始めたお子さんが中々いるということ。
始めるのに早いは無い。ってことですね。

私の身近な友達もその1人で、0歳の頃は、リトミックと体操を英語で行うという習い事をしていました。
そのお子さんは、個人差もあると思いますが、足腰がしっかりするのが早かったし、言葉の習得も早かったです。
1歳過ぎると水泳と、フラッシュカードで学ぶ塾にも、通わせていました。

結果、今も継続(3歳)している習い事は、水泳のみで、英語に関してはインターナショナルに通っています。
英才教育、羨ましい限りです。(我が家は財政面で無理です)

始めるのが早いと、その子の特性で習い事を変えたりできるのも魅力かもしれないですね。
合う合わないは親も子もあると思います。

0歳から2歳までで始めるご家庭は、全体の20%程いるそうです。

最も習い事を始める年齢が多いのは、4歳からで約47%も占め、5歳になると70%以上、6歳で約83%と、年齢があがるにつれてその割合は増えています。それより幼い子供の場合、3歳児は約30%、2歳児は約26%と、習い事をしている家庭は3分の1ほどにとどまります。
(ベネッセ教育総合研究所が2016年に行った調査より)記事お借りしました。

私的には、この調査を見て、ちょっとホッとしました。
私は、子育てに(良くも悪くも)アンテナを張らない母で、習い事?まだ先で良いんじゃない?と思っていたので。
自身は、幼稚園から習い事を始めたので、やはり5歳・6歳で考え出すような気がします。

では、人気の習い事とはなんでしょう?
今も昔も・・・なんですかね。

0歳から3歳まで

0歳から3歳までの習い事で人気なのは、水泳・英会話などです。
他にも、通信教育(月1回程度、定期的に教材が送られてくるもの)・バレエ・体操と続きます。

1歳前後で歩きだしたお子さんも、走ったりジャンプしたり時にはスキップしたりと、運動機能がしっかり発達してくる2歳前後にバレエや体操を始めるお母さん達が多いようです。

水泳は0歳から始められるところが多いので、定番の一番人気な習い事です。
小さいうちは、お母さんも一緒にプールに入って運動することで、親子の深まりを感じるという声もありました。

人気の理由はそれぞれで、実際に通わせたお母さんの口コミは

水泳
・水慣れするコースから始まるので、泳げるようになる前に水への抵抗がなくなって、保育園でのプール遊びを楽しんでいる
・バランスのとれた体作りができたと思う
・体力がついた
・泳げるようになった時は感動した(自分がカナヅチで苦労した)
・お風呂を怖がらなくなった
・アトピー気味の肌が丈夫になりました。風邪をひくことも少なくなって体の免疫がついたと思う

英会話
・「英語は英語」「日本語は日本語」ときっちり認識していないから英語があるのが当たり前と耳が受け入れやすい
・英語教室に通っている事を日常生活の一部にしたかった
・英語のCDを聞くので、英語の歌を歌うようになった!
・海外の人に突然英語でご挨拶をした時はびっくりしました!人と接する時の恥ずかしいが減った気がします

バレエ
・レッスン前後でお返事や挨拶などもしっかり習慣づけてくれました
・子供達のストレッチのお手伝いなどで一緒に参加して親も楽しめました
・体が柔らかくなる
・娘の猫背が解消されました
・体幹が鍛えられたと思う

体操
・こちらは口コミではありませんが、一般的には3歳からのクラスが多いようです。
赤ちゃん向けの教室では飛び箱やトランポリン、平均台などの体操競技よりも、簡単なリズム体操や歩く、走る、転がす、投げるなど基礎運動能力を伸ばす運動がほとんどです。

4歳から6歳まで

4歳から6歳までの習い事でも、やっぱり水泳・英会話は上位です。
その他にも、女の子だと、ピアノ・バレエ。男の子だと、野球・サッカー・空手なども出てきました。

バレエにしても、野球や空手にしても、本格的に運動を始めるには、実はこの年齢はオススメなのです!

神経系の発達は生まれた直後からめざましく発達して、5歳くらいでほぼ大人の80%にまで出来上がります。
そして10歳くらいになる頃には、100%に近づきます。
5歳から10歳位までが神経系の発達のラストスパート、仕上げの段階となるのです。
特にこの時期は、自分の体を思った通りにコントロールする能力が発達します。運動神経
このときに様々な動きを経験することで神経回路が出来上がっていくとされてるので、自転車に乗り始めれるように、この時期に覚えた運動能力は一生忘れないとされているんですよ。

運動系以外で、女の子に人気なのは、やっぱりピアノですね。
私も小学生で書き方を習う時に、ピアノとどっちか迷いました。
今でもピアノしてたら良かった〜!と思うことがあるくらいです。

ピアノ
・親から、ピアノをしている子は、言語や数学の能力が高い。と言われて始めました
・集中力がすごいと思います
・上のお姉ちゃんがピアノをやってて、暗記力がついたと思ったので、下の子にも習わせました
・リズム感が養ってほしいと思った

まとめ

習い事を始める年齢やタイミングは、それぞれのご家庭で違いますね。

小さいうちの習い事は、子供の意思というよりかは、親御さんが、「こうなってほしい。こうしたら後々子供の助けになるんじゃないか。」等、子供の未来を考えて習わせ始める感じですね。

実際に、それぞれの習いごとをして良かった面がわかったので、今後我が家が習い事を娘にさせる時は改めて、よく考えてみたいと思います。

現段階では、いつ頃始めるという見通しはないのですが、旦那はピアノ・バレエをさせたいと言っていて、私は、武術(空手等)やソロバンをさせたいなぁと思っています。

それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました