スポンサーリンク

留学中の辛いはどうしてた?帰国を考えている人に読んでほしい対処法

知っ得

留学中はいろんなことがあります。

慣れない生活や習慣の違いで留学中に「辛い」「帰りたい」と1度は感じます。

  • 英語が喋れない
  • 授業についていけない
  • 英語漬けの生活に不満を持っている
  • 勉強にストレスを感じる
  • 現地の生活に馴染めない
  • 共同生活にストレス
  • 日本の生活が恋しい
  • 日本語が恋しい
  • 楽しくない

結論からいうと、辛い・帰りたいと思った時は「行く前の気持ち」を思い出してみてください。

この気持ちをどのくらい思い出せるかで、気持ちが少し変わります。

そうは言っても・・・と思った人は、もう少し読んでみてください。

自分に合いそうな対処法があるか、参考にしてみてください。

私は、留学中かなり「帰りたい」「辛い」と思っていました。

そしてあることがきっかけで、その気持ちがなくなりました。

帰る頃には、もうちょっといるべきじゃないかと思ったほどです。

いま「帰りたい」「辛い」と思っている人は読み進めてみてください。

スポンサーリンク

留学中の辛い!

留学中の辛い

留学中に感じる辛い気持ちはどこからやってくるのでしょう。

大きく分けると英語に対することと、ホームシックではないでしょうか。

英語が辛い時・対処法

留学の目的、英語に対して辛さを感じるのは初期・中期の頃に多いです。

後期になると、独自の勉強スタイルや仕方がわかってきています。

後期に感じるとすると、留学が終わってしまうことへの焦りです。

初期・中期に感じる英語に対しての辛さを感じるのはどんな時でしょう。

  • 英語が喋れない
  • 授業についていけない
  • 英語漬けの生活に不満を持っている
  • 勉強にストレスを感じる

英語が喋れないと焦りを感じます。

それと同時に「日本で勉強してたら良かった!」と思います。

英語に関する辛さは、少しずつ改善されていきます。

あまり勉強せずに行って、授業に焦りを感じたら無料のオンラインを使うのもありです。

わからないところを、体験レッスン内で教えてくれるかもしれません。

相談してみる価値はあります。

またわからない部分をピンポイントで聴けそうになければ

おにこ
おにこ

わからない部分の言い回しの勉強をしたい

そんな風に相談してみてください。

オット
オット

ダメ元で聞くと案外受け入れてくれます

英語が喋れないことにストレスを感じると、落ち込んで辛くなってきます。

 

この場合も、無料の体験レッスンで気軽に喋ることができます。

留学先の先生と話すと(授業すると)お金が発生しますが、体験であれば無料です。

少しでも多くの英語を発することで、自信にもつながります。

まだ活用していなかったら是非、オススメです。

授業についていけないのも、辛くなります。

よくわからないまま授業が始まって終わる。

わからないまま次の授業が始まる。

そうすると、その繰り返しも辛くなります。

その時の対処法は、先生に相談です。

わたしは、日本人経営の学校だったので相談しやすかったです。

日本人の先生がいない場合は、日本人生徒や日本語のわかる先生がいると心強いです。

授業についていけない理由が、伝わることが大切です。

英語づけの生活に不満を感じている場合は、遊ぶことが一番です。

週末、1日くらい勉強しなくても大丈夫です。

せっかく海外に来ているので遊びに出かけましょう!

わたしは、平日は朝から晩まで勉強していました。

が、金曜の夜になると街に繰り出していました。

日本人生徒が通う学校に留学しましたが、わたしの当初の目標はこうでした。

  • 日本人とは極力関わらない
  • 勉強に没頭する
  • 週末も勉強する

フィリピン留学する人は、こんな目標を掲げ気味ではないでしょうか。

英語に浸かるために、日本語をあまり使わないことを目標にします。

でも、日本人と関わらないって、無理です。

だって先生以外は皆、日本人です。

おにこ
おにこ

でも「日本人とばかりつるまない」という目標を掲げていました

勉強漬けでストレスを感じるのであれば、遊びに行くのはおすすめです。

せっかく時間とお金を使って勉強に来ているので、外に出て生きた英語で遊びましょう。

遊びと勉強のバランスが取れたら、メリハリが出ます。

外に出ると、飲み物一つ買うのも英語を使います。

家で勉強しているよりも、英語を使う機会が多いです。

勉強にストレスを感じるのは頑張りすぎな証拠です。

少し息抜きしたら、気持ちもスッキリします。

 

日本の生活が恋しい・対処法

留学中の辛い

これは仕方ないことです。

生活のベースとして育った場所で、友達や家族もいます。

  • 現地の生活に馴染めない
  • 共同生活にストレス
  • 日本の生活が恋しい
  • 日本語が恋しい

慣れない生活や、共同生活にストレスを感じると「辛い」と感じます。

わたしも留学中にフィリピンの生活に馴染めないと思ったことがあります。

トイレ事情です。

現在はわかりませんが、トイレットペーパーをトイレに流せませんでした。

ショッピングモールなどに行くと、便器の隣にゴミ箱が置かれています。

そこに使ったトイレットペーパーを捨てます。

学校の場合は、ゴミの集積所にそれぞれが使用済みのペーパーを持っていきます。

ビニールに包みますが、それが使用済みが入った袋というのはすぐにわかります。

集積所に友達がいると、捨てるのが恥ずかしかったです。

食事の面で苦労する人もいます。

わたしは食事が楽しみでしたが、苦労する人もいました。

食べるものが口に合わないと、辛いと感じます。

食生活の面で辛いと感じたら、日本食やラーメンを食べると良いですよ。

わたしの友達はフィリピン料理が合わなくて、カップ麺ばかり食べていました。

そのうち現地の味にも慣れてきます。

食べれる料理は増えていくので、馴染めない間は無理せず自分の好きなものを食べると良いですよ。

共同生活にストレスを感じだたら、エージェントに相談が一番です。

わたしは初め、2人部屋にいました。

でも人と24時間一緒なことにストレスを感じました。

わたしの場合は、直に経営者に相談して個室契約に切り替えました。

ドミトリータイプの部屋にストレスを感じたら、個室に移るのが一番です。

心の負担がかなり軽減されます。

個室だけど辛いと感じているのであれば、一人の時間を増やしましょう。

食事など皆で食べる施設の場合は、食後は部屋で過ごします。

一人の時間を持つことで、共同生活の辛さは減らせます。

日本語が恋しくなったら電話や、現地の日本人とたくさん話しましょう。

スカイプやライン電話など多用します。

今は海外にいても、wifiがあれば日本と変わらない通信が使えます。

留学中の辛いが解決できない時

留学中の辛い

勉強・ホームシックが解消されない時、最後に考えて欲しいのが「留学前の気持ち」です。

  • 諦めたら留学の目的を達成できない
  • 諦めて帰国した後の自分の姿に後悔しそう

こんな風に考えて、自分を奮い立たせる人もいます。

 

わたしは辛いと感じた時、行く前の気持ちをいつも思い出しました。

  • どうして今ここにいるか
  • お金と時間を費やす覚悟
  • 英語を習得したい

 

行く前に強く思っていたことを、何度も思い出します。

そうだ!英語を勉強するという強い意志で、ビザを取ったり仕事辞めたりしたんだ。

英語の勉強をするために、結構な手続きや労力をつかいました。

そのことを思い出すと

おにこ
おにこ

も、もうちょっと頑張ってみっかな。エヘヘ

なんて思えたりします。

それでもどうしても辛い。

その気持ちが揺るがないようだったら、帰国も考えましょう。

合う・合わないはあるので、「海外での勉強は合わなかった!」と思いましょう。

自分を責めたり、落ち込んだりする必要はありません。

勉強のためにつかった労力や時間は知識として残ります。

留学を考えている人に、アドバイスしてあげることもできます。

英語の勉強は、オンラインでもスクールでも独学でもできます。

海外生活という経験をしたと思って、胸を張って帰国しましょう。

「帰国」にモヤモヤする場合は「あと1ヶ月だけ」と気持ちを持ち直します。

1ヶ月経てば、改善されている可能性が大いにあります。

英語の勉強のコツを掴んでいたり、現地の生活に慣れていたりしています。

時間が解決してくれることもあるので、無理のない程度に期間の目標を立てるのも効果的です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました