スポンサーリンク

やってて良かった!結婚前・新婚さんに読んでほしい結婚後の落とし穴

marry 知っ得

これから結婚する人・新婚の方に読んでほしい記事です。

結婚したては、なんでも許せた彼のこと。

年数が経った先輩奥様に是非聞いてみてください。

「はじめにやっておいた方が良い決まりごとってありますか?」

みなさん、こう答えるでしょう。

「はじめが肝心よ」

スポンサーリンク

結婚前にやっててよかった決め事アレコレ 

お金について

pay

お金の取り決め、はじめが肝心です。

はじめになぁなぁだと、後から状況を変えようと思っても中々難しくなります。

女性は家庭に入ったら節約したり、将来の貯蓄のことを考えたりと、やや節約傾向に入ります。
そのため、家計を見直すのですが、男性はどちらかというと現在をみます。

今、充分な暮らしが成り立っているのに、節約したり家に入れるお金を増やすとなると一筋縄では納得しません。

独身気分の中々抜けなさそうな男性とは、結婚前・もしくは遅くとも新婚時代に「おこづかい制」にするかどうかと、おこづかい制でない場合は、家に入れるお金をきちんと計算していくらにするか提案した方が良いでしょう。

我が家は、このお金の管理に失敗してしまったために、現在もオットがいくら稼いでいるのかを知りません。

家に入れる毎月のお金は出産後増やしましたが、どのくらい稼いでいるのかはわからないままです。

おにこ
おにこ

自営なので、ごまかそうとすればごまかせる

オット
オット

家にお金入れたら自分のお小遣いなんてないよ〜が口癖のオット

我が家では、毎月の家の貯金と食費を手渡しでもらい、後の家賃や光熱費、雑費等はオット側の引き落としやお財布で管理しています。

家事について

お茶

こちらも深刻です。
結婚したて、何も家事を手伝ってくれなくったっていい。愛おしくて仕方ない旦那さん。

ついあれもこれもとしてあげたくなるけど

おにこ
おにこ

それ、ダメです

家事は女性がする時代は、終わる傾向にあります。

共働きをする家庭が増えているからです。

女性は、結婚後も仕事して、妊娠したらつわりに苦しんで、子供が生まれたら子育ても始まって旦那さんどころでは正直なくなってきます。

ある程度大きくなるまでは、子供に手がかかるのに、あんなに大好きだった旦那さんといえども、負担になる日がやってくると思います。

自分が忙しいのに、家事・育児に協力しない旦那さんがいたら嫌じゃないですか。

でもそれは、新婚時代から旦那さんを甘やかしてきてしまったせいもないとは言えないのです。

言いにくいことかもしれませんが、はじめに家事についてはしっかり話し合っておけば、旦那さんも納得してくれます。

これが、何年も経って子供が生まれたから「これとあの家事、お願いね」といわれたところで仕事一本に集中してきた旦那さんからすると苦痛でしかないはずです。

女性には慌ただしいライフイベントが待ち構えている可能性が高いです。

まだ融通の効きやすい結婚前・新婚時代に言い方が悪いですが、手は打つべきです。

ちなみに我が家のオットは家事・育児には積極的です。

ここからは家のことに協力的なオットを持つイチ主婦の見解というか、アドバイスと思ってサラッと聞き流してくださいね。

オットが家事・育児に協力的になるアドバイスで、よく耳にする

おにこ
おにこ

わっ!○○してくれたんだ!ありがとう

なんて私は、一切言いません。

おにこ
おにこ

なんか言いきるとオニ嫁感増すね

ありがとうというのは良いことだと思うのですが、家事や育児をしてくれることを当たり前と旦那さんが思ってくれないと継続は難しいと思います。

たまにの手伝いで良いのであれば、効果は大きいと思います。

してくれたことにお礼をいうというのは、した方からすると喜んでもらえてよかったと気持ちが良いからです。

でも、その家事を旦那さんの家での仕事と思って継続的にしてもらいたいと思うなら、お礼をいうのはあまり効果的ではありません。

旦那さんにそんなつもりはなくても、奥さんが「ありがとう」ということで、してあげてることになるからです。

してあげてることが、することになるのは中々難しいです。

「ありがとう」は、一時的なものでなければ成立しない言葉です。

旦那さんが朝起きて歯磨きをすることにわざわざ「歯磨きできたね。ありがとう」という奥さんなんていませんよね。

それと一緒です。日課にしていることに有難うといわれると、誰でも違和感を覚えると思うのです。

あ、これは自分の仕事じゃないのにしてあげた。という特別感をもってもらうのは良いこととは思えないのです。

なので私は、オットの家での仕事となっている、食器洗いやゴミ捨て・掃除・犬の散歩に関してお礼はいいません。

その代わり、私がしている洗濯・食事についてはオットに手伝ってもらおうと思っていません。

 

おにこ
おにこ

きれい好きのオットの掃除を私は真似できません

オット
オット

掃除は好きなんだよね。食器洗いは嫌だけど

そういえば、オットの食器洗いは元々は私がしていたのですが、洗い残しで泡がついていたりしたことが何回かあって、それに文句をいわれたので「じゃあ、やってよ」といったのが始まりでした。

オット
オット

まさか長期にわたることになるとは

 

 

子どもにまつわるあれこれについて

family

子どもは授かりものだから・・・と結婚当初は思うと思います。

私も思っていました。

具体的にいつまでに子どもが欲しい!とか、いつまでは子ども抜きで2人で過ごしたい!など考え方はそれぞれです。

例え、思った通りにならなくても「授かりもの」なのでそういうこともありえます。

そこも踏まえて、子どもに関することははじめの方に考えていた方が良いのです。

それは、いつまでに欲しいとか、いつ以降に考えたいとか、そういうことではないです。

例えば、子供ができたら1番しにくくなることを考えて、したいことはいつまでも待っていなくて早めにすることも大事です。

私が新婚時代に考えたのは、子どもは欲しいという気持ちと、子どもができたら実行しにくくなることは何かな?と思ったことです。

その時に一番に頭に浮かんだのが海外旅行でした。

妊娠中に、国内ならまだしも海外に行くのは少し不安だし、出産後は育児に忙しくて海外なんて考えられなさそうだし、小さな赤ちゃんに負担をかけたくないと思うかなと考えました。

実際、我が家が出産後に行った海外旅行は娘が1歳9ヶ月の時でした。

おにこ
おにこ

妊娠がわかった当時、3ヶ月後にフィリピンへ旅行に行く予定でしたが、つわりや医療機関のことが気になり断念しました

オット
オット

キャンセルきかない高割引のホテルの予約で痛い目にあいました

妊娠したらできなくなることを考えた時に、1番に浮かんだのが海外旅行だったので、結婚してすぐに1人で南米へ半年間旅行に行きました。

今になって思えば、はじめに考えたことを実行できたことは良かったと思っています。

旅行に限らず、習い事だったり、してみたかったことだったりは後回しにせず、早めにしてみるのをお勧めしたいです。

また、我が家もそうでしたが、なかなか子どもが授かりにくい家庭は多いと思います。

我が家は結婚前から子どもを考えていて、それなりに考えた上で行動をしていたのですが、5年間できませんでした。(南米旅行を考えた1年間は計画的に控えていました)

今や1/3の不妊症の原因は不明とされています。

少しでも子どもを考えた時に、女性だけではなく、いかに早く男性の検査をするかも大事になってきます。

女性だけが検査や通院を頑張ってもダメな時もあります。

そうなった時に、男性が積極的でないと進みが遅くなりますので、はじめのうちに「将来子どもが欲しいと思った時は・・・」という感じで1度だけでも話しておくと、真剣に考え出した時にスムーズです。

おにこ
おにこ

うちは一回り年上なこともあるのか検査には積極的でした

 

まとめ

girl

結婚前後の幸せな時に、わざわざ先のことを考えるなんてナンセンスと思われそうな今回のお話。

おにこ
おにこ

そもそもナンセンスという言葉にナンセンスと思われそう・・

でも、幸せな時だからこそ、少しでもライフイベントの変わりやすい女性が生活しやすい環境を作っておくのも大切なことだと思います。

少しだけ、将来のことを考えるきっかけになったら幸いです。

それでは、また!

コメント

タイトルとURLをコピーしました