スポンサーリンク

アジア11ヶ国を旅して、もう一度行きたい国ベスト5を選びました

asiangirl 旅行

海外旅行は好きですか?
私は好きで、バックパッカー旅・女子旅・彼氏旅・家族旅で、これまで23ヶ国へ行ってきました。

国といっても広くて、短期旅行だったりすると行ける範囲も限られますが、私が今まで行った場所は↓

スポンサーリンク

どの国・どの都市へ行った?

ざっと書くと、こんな国と都市へ行ってきました。

韓国(釜山)
中国(北京・天津・香港・マカオ)
台湾(台北)
フィリピン(マニラ・ボラカイ)
タイ(バンコク・アユタヤ・カンチャナブリ)
カンボジア(シェムリアップ)
ベトナム(ホーチミン)
インド(デリー・アグラ・ヴァラナシ)
インドネシア(バリ島)
イタリア(ローマ・ベネチア)
バチカン
アメリカ(グアム・サイパン・ハワイ・ロサンゼルス・ニューヨーク・ラスベガス・シアトル)
カナダ(バンクーバ)
メキシコ(カンクン)
キューバ(ハバナ・バラデロ)
エクアドル(グアヤキル・ガラパゴス諸島)
ペルー(クスコ・リマ・プーノ・マチュピチュ)
ボリビア(ラパス・ウユニ・スクレ・サンタクルス)
チリ(チャルテン・プンタアレーナス・サンチアゴ・カラファテ・イースター島)
パラグアイ(エンカルナシオン・シウダーデルエステ)
アルゼンチン(ブエノスアイレス・プエルトイグアス・ウシュアイア・メンドーサ・サンタクルス・ビーグル海峡)
ブラジル(サンパウロ・リオデジャネイロ)

おにこ
おにこ

ヨーロッパはイタリアだけ

オット
オット

偏ってるね

アジア
今回はアジアの行った国の中でリピートしたいと思う国を5ヶ国選びました。当時の写真とお勧めをお伝えします(地図にフィリピンがありませんね)

リピートしたい国ベスト5

バリ島

バリ島

https://maimai-bali.com/

バリ
バリ島は、結婚式と新婚旅行を兼ねて行ったので思い出に残っています。
(残っているといわないといけない空気)
haitea
バリ
bali
ブルガリリゾートではハイティーも楽しめます。
直接ホテルに予約すると30ドルくらいらしいです。
普通はツアーに組み込まれてたりします。私たちはマッサージとウルワツ寺院観光こみのツアー申し込みでしたが、ゆったりとした時間が過ごせてとても良かったです。
中心部に都市が固まっているので、どこへでもいけます。
bali
私たちはヌサドゥアとウブドに拠点を置きました。
ウブドは他の中心部より山寄りなので、自然が豊かです。
その中に、ホテルが点在としています。
バリ

のんびりゆったり家族ともう一度訪れたい国です。

インド

インド

インパクト大といえばやっぱりインドです。
帰ってきて数年は、「二度と行きたくない」と思っていました。
衛生面もきつかったですし、クラクションの音もアジアといえどNo.1にうるさかったですし、線路はネズミだらけ、バラナシは牛とフンだらけというカオスな状態で、絶対に体調崩さないようにしようと気を張りながら過ごした記憶があります。
それでも不思議です。
数年経ってからまた行ってみたいと思うのは、インドに底知れぬ魅力があるからなんだと思います。
写真を見るだけでもワクワクするのは、インドならではかもしれません。

私が行ったのは、北インドのデリー・アーグラー・バラナシの3都市です。

アグラ城

アグラ城

アグラ

アグラ城の猿

アグラ城の他にも、世界遺産「タージ・マハル」がある街がアーグラーです。

私はデリー発着の飛行機でインドに着きました。
その後、車でアーグラーへ移動。
アーグラーから夜行列車でバラナシへ移動。
バラナシから飛行機でデリーへ戻るというルートでした。

ガンガー

ガンジス

ガード(岸辺から階段になっている河水に沈んでいる堤のことで、
沐浴の場として使われている)で、沐浴する人々

ガンジス

ガンジス

日の出に集まる人々

ガンガー

ガンガー

誕生日当日の夜明け頃です。ボートに乗りました。
長澤まさみさんが昔「ガンジス川でバタフライ」という本をもとにしたドラマに出ていましたが、当時「すごい!根性ある!度胸ある!」と騒がれていましたが、私は何がすごいんだろう?と思っていました。

おにこ
おにこ

バタフライなら私もできるけど

現地に行ってみてわかりました。すごいと思います。
ガード下の火葬場は毎日フル稼働していて、その周りでサッカーして遊ぶ子供達、仏さまを棒でつつく火葬場の人はそのあと、灰を川に流します。
上流の方から流れてきた赤ちゃんの仏さま。そのままゆっくり流れていきました。
(葬費用が払えない貧困者や蛇の毒で亡くなった人、赤ちゃん、妊婦などは、今でも火葬されないまま遺体を流すことがあるそうです。)

以前と同じように一人でバックパッカーとして再来したい国です。

香港(中国)

香港

https://www.arachina.com/hongkong/

香港には、半年ほど住んでいました。
るるぶの雑誌を買って、観光地全てを網羅しました。
香港は楽しいをギュッと凝縮した国だと思います。
パンダ
オーシャンパークのパンダには、中国系の人たちも大興奮。
観光客の前から姿を消さないという、なかなかサービス精神旺盛なパンダです。
香港
1997年までイギリス統治下にあった香港には、ケーキやペストリー、サンドイッチなどと一緒に紅茶をゆったり楽しむ、アフタヌーンティー文化が今現在も根強く残っています
香港は、食べ残しに関してお持ち帰りが普通で、おしゃれなアフタヌーンでもそれは同じです。
ペニンシュラのアフタヌーンティーのお持ち帰り用の箱、とても可愛いので是非機会があったらお願いしてみてください。
香港
通勤や観光で船を使う香港。水の上からの眺めも良いです。
昼も良いのですが、夜の香港は100万ドルの夜景ともいわれています。
香港
アクアルナのナイトクルーズ中の眺めです。
タイミングが合えば、ギネスの世界記録にも認定されている香港の大規模な光と音のナイトイベントンフォニー・オブ・ライツも船の上から見ることができますよ。
香港に来たなら絶対に外せない魅力あるショーで、毎晩8時からヴィクトリア・ハーバーで開催されるイベントです。

他にもビクトリアピークへは、ピークトラムというケーブルカーに乗って見に行くことができます。(歩きでもいけますが、かなりの山道です)
香港
香港ディズニーも楽しいですよ。
日本ほど広くはないので、しっかり1日遊び倒して満足できると思います。
マカオ
マカオにもすぐ足を伸ばせます。
1時間ほどフェリーに乗るとカジノの街、マカオに到着です。
ここではエッグタルトを忘れず食べましょう。

観光の街、香港。
新旧の混ざった文化と土地が今も色濃く残っていて観光する場所によって同じ香港?と思ってしまうほど場所の空気が違います。

母親を連れて行きたい国です。

ベトナム

ベトナム

ちゅんさんによるイラストACからのイラスト

ベトナムはホーチミンへ行きました。
都市によって違う顔を持つといわれるベトナムなので機会があったら是非別の都市に行きたいと思う国でした。
ホーチミン
メコン川クルーズは、ホーチミン観光するならみなさん一度は参加するのではないでしょうか。
ベトナム

大きな市場、ベンタイン市場です。
お土産からスイーツまで品揃え豊富です。
簡易的ではありますが、椅子も用意されていて、ローカルスイーツのチェーを食べることもできますよ。
ホーチミン
街を歩けばこんな風景に出会えるのもベトナムの魅力じゃないでしょうか。
誰が買うのかはわかりませんが、懐かしい気持ちとワクワクする気持ち、あとは大事に運んであげてね。と色々な気持ちが混じります。
ノスタルジックな気持ちになる都市、ホーチミンでした。

女子旅で行きたい国です。

フィリピン

phillipin

フィリピンは、半年ほど語学学校に通った為、住んでいました。
マニラに滞在していたのですが、マニラにはモールオブアジアをはじめとした大きなショッピングモールが沢山あります。
またタクシーもとても安いので(ぼったくり多いです)移動も楽々です。
住んでなくても観光するのに十分といえるショッピングモールが多数あります。
フィリピン
ライトアップされたモールオブアジアです。
世界のチェーン店も沢山入ってて食べ歩きも楽しいですよ。
フィリピン
質も量もまかなってくれるフィリピンのスイーツ。
安くて美味しくてボリューミーなお店が多いです。
コスパ最強なので我慢しても足が運ばれます。
こんなお店がフィリピンには溢れているので、ふらっと入ったお店でもコスパは良いはずですよ。

ボラカイ
7,000以上の島からなるフィリピンの島は、いくつもの島にリゾート地が形成されています。

例えば、世界で一番美しい島に選ばれた「パラワン島」にアジアのベストビーチ2年連続1位になった「ボラカイ島」など、数々の世界を代表するリゾートビーチがあります。有名なセブ島もフィリピンですし、これほど国内に有名で美しいビーチが勢ぞろいしている国はそうないのではないでしょうか。
フィリピン内を安価で移動していろんな島に上陸するのはとても楽しいですよ。

一人でも、家族とでも、女友達とでも誰とでも行きたい国です。

まとめ

魅力的なアジア。

シンガポールやマレーシア・ラオスに次は行ってみたいです。
まだまだ行きたい国が沢山あります。

カンボジアも個人的には、再訪したいのですが、優先順位をつけるなら・・・といった感じで5ヶ国選びました。

それではまた!

have a nice trip!

コメント

タイトルとURLをコピーしました